コストコの各店舗の探し方や営業時間とお得なクーポン情報などまとめ

 

コストコへ行くといつも混雑していて、自分の思うようにショッピングが出来ないことあります。
特に初めて行く方は、要領が判らずに時間を有効に活用できないことも出てきます。

 

またコストコは日本のスーパーなどと利用方法も違ってくるので、戸惑ってしまうこともあるでしょう。

 

 

そこでコストコを効率的に楽しむ方法や、会員申込時のポイント、実際の利用方法などをまとめています。

 

さらにお得にコストコを利用するクーポンの取得方法なども併せて紹介します。

 

 

コストコを1日楽しむため店舗を効率よく回るには

 

コストコの店舗はとても広くて品揃えが膨大であるため、効率を意識して回らないとすべてを見るのは困難です。

 

レイアウトを考慮しつつ、無駄のない動線をたどるようにして移動しなければなりません。

 

 

 

入り口で会員証を提示したら、まず最初にすべきことは、すぐ横に設置されている掲示板に目を通しておきます。
特価品の情報など当日のお得情報などアナウンスしているので、是非チェックしましょう。

 

ここで注意したいのは、初めて利用する人(会員登録する)は、出口から入店して手続きをしないといけません!
間違って入り口から入らないようにしましょう。

 

それが終わったら、メインの通路を進みながら両サイドの棚をチェックしていきます。

 

また、時間をかけるエリアとそうでないエリアの区別も重要です。

 

 

たとえば冷蔵室のエリアには、いろいろな果物や野菜が揃っているので多くの人は時間をかける価値があります。

 

前もって、それぞれのエリアに対する時間の割り当てを決めておくと良いでしょう。

 

 

コストコ会員の種類と入会方法や注意点

コストコは会員になることで、お得に買物ができるのですが、その会員にビジネスメンバー(法人会員)とゴールドスターメンバー(個人会員)があります。

 

 

ビジネスメンバーは個人事業主やお店の経営、起業の経営者のほか非営利団体の事業主、事業主に相当する方となっています。

 

ゴールドスターメンバーについては18歳以上であれば誰でも入会ができます。

 

 

入会方法は、店頭もしくは、コストコのインターネットにて手続き出来ます。

 

インターネットでの申し込みは、住所氏名、最寄りの店舗など必要な情報を入力して送信をします。

 

 

その後、「申込受付番号」と「来店日の期限」が表示されるので、忘れずメモしてください。

 

あとはお店に入ればメンバーシップカードを受け取れます。

 

直接お店で入会したいときには、入り口で店員にその旨と伝えて、申込書に必要事項を書いて提出します。

 

その際に必要となるのは、

  • 身分証明書(免許書、保険証、パスポートなど)
  • 年会費4,400円(税抜き)

 

コストコを利用するにあたって注意しなければいけないのは一度解約をしてしまったら、12ヶ月以内には再入会ができません。

 

解約は慎重に行いましょう。

 

コストコの店舗やクーポンについて

コストコは国内に20店舗以上展開していますが、今後50店舗まで増やす計画を立てています。

 

基本的に店舗の設置場所は、都市部よりは郊外に出店される傾向があります。

 

土地の問題もあるとは言えますが、交通渋滞の問題も避けて、郊外へ出店されていると言えるでしょう。

 

 

こちらはグーグルマップでのコストコの店舗マップです。

 

グーグルマップの検索窓に「コストコ 店舗」と入力すれば、お店を見つけることが出来ます。

 

行きたいエリアのマークをクリックすれば、店舗名と住所が表示されます。

 

更に、右上の矢印マークをクリックすれば、グーグルマップのルート検索機能で、アクセス時間なども判るので、利用してください。

 

 

クーポンについてですが、コストコのメルマガ登録をするだけで、定期的にクーポン情報が送られてきます。

 

しかし、クーポンと言っても印刷して持参する物ではなく、あくまでも割引情報としてクーポン情報を配信しているだけなので、実際クーポン商品を購入すると、誰でも自動的に割引される仕組みになっています。

 

メルマガの登録が嫌なら、個人ブログで紹介しているのでそちらを活用するのも良いです。

 

 

コストコの営業時間について

コストコの営業時間ですが、元旦以外年中無休で午前10時から午後8時まで、12月31日は午前8時から午後6時までとなっています。

 

しかし10時前にオープンしていることも多く、特に休日や祝日は午前9時や9時半からと早めにオープンされていることがほとんどです。

 

理由ですが、オープン前から駐車場が満車になりそうな場合、周辺の交通渋滞や店内の混雑を避けるために早めにオープンされています。

 

そのため、午前10時より少し早めに到着する気持ちで出かけると、混雑も避けてお買い物をすることが出来るでしょう。

 

 

コストコ利用時のポイント・注意点

コストコを利用するにあたってのポイント・注意点を紹介します。

 

@レシートはお店を出るまで捨てない。
まず、レシートはお店をでるまで捨てないでください。

 

出口で定員さんにより、購入商品とレシートを照合されます。
レシートがないと、購入した証を示すことが出来ないので、もめる原因となります。

 

A買い物袋は持参する。
また、レジ袋はありません。

 

最近では、スーパーでも同様な取り組みをしているので気にならないかもしれませんが、自前の買い物バッグは必須です。

 

忘れた場合は、保冷バッグやエコバッグを購入することは出来ます。

 

Bアクセスは車を使う。
最後に、コストコのメリットといえばまとめ買いです。

 

なので、コストコへのアクセスはマイカーがおすすめです。大きくて大量の購入品を運ぶのには車が便利です。

 

コストコを利用するメリットとは

コストコのメリットとして食材がおいしく、鮮度良好という事が挙げられます。

 

パンやケーキ、総菜等が評価が高く来店された方がよく購入されているようです。

 

量がとても多く大家族であったり、パーティー等を開催する目的で来店された方にニーズがあります。

 

店内は圧倒的な広さを誇り、商品がところ狭しに陳列された様はなかなか圧巻です。

 

活気に満ち従業員の方の販促がよく行われており、それ目当てでお客さんが列をなしています。

 

商品を見る楽しさ、食べる楽しさがそこには存在しています。

 

 

近隣または遠方からもお客さんが大挙して来店していますが、駐車場が広大であり車を止める場所を探すという作業をしなくて済みます。

 

周辺道路へのアクセスもスムーズで、ストレスを感じさせない事もメリットと言えます。

このページの先頭へ戻る