ETCの利用明細の調べ方や明細サービス、店舗プリンターで領収書を発行する方法

 

ETCとは高速道路や有料道路の料金を自動収受するシステムのことをいいます。

 

自動車の車内に取り付けられている車載器が高速道路の料金所ゲートなどに設置されているアンテナとの間で自動的に通信を行い、通行料金はクレジットカードの機能を利用して精算されます。

 

車載器には自動車やその利用者を特定するため、ETCカードと呼ばれるカードを挿入しなければなりません。

 

このカードにはクレジットカードと一体になったタイプもあります。

 

 

ETCの利用明細の確認や領収書の発行方法4つ

ETCによって精算された高速道路や有料道路の料金は、通常は後日クレジットカード会社から請求があります。

 

この場合の請求は高速道路料金に限らず、その他の商品をショッピング枠を使って購入した際の料金などとあわせて行われます。

 

そこでETC利用料金だけを知る方法を3つ紹介します。

 

1.高速道路の出口では、一般若しくは一般/ETCレーンの料金所を使う。

 

2.利用明細プリンターの設置しているお店を利用する。

 

3.ETC利用照会サービスを使う。

 

4.コンビニで明細書を発行する。

 

1.一般若しくは一般/ETCレーンの料金所を使う。

高速道路に乗るときは、ETCレーンを利用してください。

 

そして目的地に着き、高速道路を降りるときは、係員のいる一般若しくは一般/ETCレーンの料金所を利用します。

 

係員にETCカードを渡せば、清算と同時に領収書を発行してくれるので、すぐに利用明細を知ることが出来ます。

 

料金所でもらえる利用履歴は、領収書ではなく利用明細です。

 

とはいえ、金額や日時等しっかりと記載されているので、領収書として利用できます。

2.利用明細プリンターの設置しているお店を利用する。

実は、ETC利用明細書を発行できるプリンターを設置していところがあります。

 

それは、高速道路のSAやPA、そしてオートバックスなど。

 

オートバックスに関しては、全国ではまだ利用できませんが便利です。

 

ETCカードをプリンターに挿入すれば、その場で利用明細書を発行することが出来ます。

 

利用明細を発行できるプリンター設置店

 

■関東エリア

 

・スーパーオートバックスTOKYOBAY東雲
・スーパーオートバックスMITAKA
・オートバックス高井戸店
・スーパーオートバックスかわさき
・スーパーオートバックスTODA
・オートバックス練馬店

 

など

 

■関西エリア

 

・オートバックスセブン東大阪
・オートバックス金岡店
・スーパーオートバックス・豊中庄内
・スーパーオートバックス43道意店

 

など

3.ETC利用照会サービスを使う。

ETC利用照会サービスは、NEXCOが運営しているETCサービスに関するインターネットサービスです。

 

料金改定や、割引情報の提供など、ETCを利用しているならぜひとも利用したいサイトです。

 

このサイトのサービスとして、ETC利用明細を発行することが出来ます。

 

事前に無料の会員登録が必要になりますが、15ヶ月前までの利用明細を発行することが出来ます。

 

明細書は、CSV出力及びPDFファイルで出力が可能です。

 

尚、ETCコーポレートカードの場合は、124日前までの利用明細を確認できます。

ETC利用サービスの登録に必要なもの

ETC利用サービスに申し込むときには、

 

・ETCカード番号
・申し込むETCカードを利用した(高速道路を走行)年月日(過去15ヶ月以内のも)
・車載器番号
・車両番号下4ケタの番号

 

が必要になるので、申し込む前に準備しましょう。

 

登録後にログインIDとパスワードを忘れた場合には、公式ホームページ上部の「ご質問」に問い合わせ電話番号が記載されているので、そちらで確認すれば照会してくれます。

 

その時には、ETCカード番号、ETCカードを利用した年月日、登録時のメールアドレス、車両番号下4ケタが必要です。

 

尚、当サービスへの利用実績の反映には時間がかかるので、利用してすぐの明細は確認できません。

 

 

ETC利用実績の反映時間

 

東日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社、宮城県道路公社、茨城県道路公社、千葉県道路公社、愛知県道路公社、富山県道路公社、京都府道路公社、兵庫県道路公社、神戸市道路公社、長崎県道路公社、福岡県道路公社(福岡西合併料金所を除く)、大阪府道路公社、奈良県道路公社、広島高速道路公社、名古屋高速道路公社、鹿児島県道路公社

 

・通行後4〜5時間程度

 


 

福岡北九州高速道路公社、福岡県道路公社(福岡西合併料金所のみ)、北九州市道路公社

 

・通行後4〜5時間程度:ETCクレジットカード・ETCパーソナルカードをご利用の場合(但し、条件あり)

 

・概ね通行日の翌日の夕方以降:ETCクレジットカード・ETCパーソナルカードをご利用し、ETC無線通行で車両番号を指定して検索する場合

 

・概ね通行日の翌日の午前中:ETCコーポレートカードをご利用の場合

 


 

栃木県道路公社

 

・概ね通行日の翌日午前中

 

 

4.コンビニで明細書を発行する。

ETCの利用明細は、コンビニエンスストアーでも発行できます。

 

この方法が、一番便利なのかもしれません。

 

利用できる店舗は限られますが、どこにでもあるコンビニエンスストアなので、ほとんどのエリアで利用できます。

 

利用するには、ETC利用照会サービスと各コンビニのプリントサービスに登録する必要があります。

  1. 利用の流れは、TETC利用照会サービスで利用明細をダウンロード
  2. ダウンロードした利用明細をプリントサービスで印刷

ですので、コンビニで利用明細を確認できるサービスを扱っているわけではありません。

 

あくまでも、利用明細を印刷(発行)できるサービスを提供しています。

ETC利用明細を発行できるコンビニ

  • セブンイレブン:プリンターサービス
  • ファミリーマート、ローソン、サークルK サンクス、セイコーマート、セーブオン:ネットワークプリントサービス
  • ミニストップ:おきがるプリント

どうしてもETC利用明細を発行・印刷できない場合は、ETCカードのクレジット利用明細も領収書のかわりになります。

このページの先頭へ戻る