ヤフーマップのルート・路線など検索の使い方、利用料金などまとめ!

 

ヤフーマップは、ヤフーが提供する地図サービスのことで、以前はヤフー地図という名前でしたが、リニューアルと同時に名前も変更しました。

 

前と違う点は、地図を表示したときのが画像の粗さが滑らかに改善されたほか、周辺スポット情報が充実し、目的地の近くにあるコンビニやカフェ、ガソリンスタンドなど、あると便利な施設をマップの下にあるアイコンを選べば、選択したスポットの場所が表示されます。

 

検索エンジンのヤフーとも連携しており、そのデータから目的地周辺の混雑状況なども調べることが出来ます。

 

 

ヤフーマップのルート検索の使い方

ヤフーマップでルート検索を使用するには、地図を表示した状態で「ルート探索」のタブをクリックします。

 

移動手段を「電車やバスなど」「自動車」「徒歩」から選択し、地名や施設名を入力して出発点を決めます。

 

地図上の適当な位置で右クリックするとコンテキストメニューが表示されますから、「出発地に設定」を選択することも可能です。

 

目的地も同じ要領で設定し、「電車やバスなど」を選択した場合は日時も入力します。

 

最後に探索ボタンをクリックすると、最適な探索ルートと所要時間が表示されます。

 

電車やバスなどを選択している時は運賃や乗り換え回数、停留所名等が表示され、自動車の場合は有料道路の選択、徒歩ではルートの標高変化をグラフで確認できます。

 

 

ヤフーマップとグーグルマップの違い

ヤフーマップもグーグルマップもインターネット上で閲覧出来る地図で、一般的な表示だけでなく航空写真でも見ることが出来ます。

 

いずれも脇に検索窓が出てきて、そこに場所やお店、建物の名前を入力し検索すれば該当する場所の地図を表示します。

 

また場所名に続けてホテルと入力し検索すれば、その場所周辺の殆どのホテルの位置をマーカーで示すことも出来ます。

 

このように同じような機能がどちらにも備わっていますが、大きく違う所があります。

 

 

グーグルマップはストリートビューと連携しています。

 

ストリートビューは地図の地点に実際に立った時の風景を見ることが出来る機能です。

 

ヤフーマップにはこれがありませんが、最近ARモードが追加されました。

 

逆にヤフーマップには地下街を表示したり、鉄道路線図だけ、川や池など水域だけを強調して表示する機能などがあります。

 

その他にも細かい違いはあると思います。

 

 

ヤフーマップのARモードの利用料金について

ヤフーマップにはARモードと呼ばれるサービスがあります。

 

このサービスはiPhoneに対応したアプリで、無料でダウンロードできます。

 

ARとは、日本語で言うと拡張現実という意味で、目の前にある景色を仮想的に拡張する技術のことをいいます。

 

使い方は目的地を検索し、徒歩ルートを選択し出発する、をタップします。

 

そして画面上のARモードをタップしてカメラを起動させ、周りを確認し、安全な所で立ち止まりスマートフォンを左右に動かします。

 

区間が正しく認知されると、スマートフォンの画面に青いルートラインが現れ、目的地まで案内してくれるアプリです。

 

 

ヤフーマップで路線を調べる方法

ヤフーマップでは通常は道路や線路の路線図などすべてが表示されています。

 

ルート案内を検索したいときは出発地点と目的地を入力すると、徒歩や自動車、電車となど様々な方法で生き方を表示してくれます。

 

その中で電車を使って目的地に行きたい場合、路線をもっと詳しく知りたいときには、通常通りまずは出発地と目的地を入力します。

 

すると地図上にルートが表示されるのですが、右上の辺りに地図と書かれたマークがあります。

 

そこをクリックすると航空写真や地下街などいろいろな選択肢の中に鉄道路線といいうメニューがあるので選択すると路線図だけを表示することが可能です。

 

JRや私鉄、地下鉄などすべてが表示されるので分かりやすくて便利です。

 

 

ヤフーマップの住所検索など使い方について

ヤフーマップには様々な便利な機能があります。

 

例えば目的地の住所から、その周辺の地図を表示するという機能です。

 

ページ上部に表示されている日本という所をクリックし、次に都道府県を選び、市区町村・地区名の順にクリックしていきます。

 

そうすると周辺の地図が絞り込まれて、目的地の住所を中心とした地図が表示されます。

 

さらに、その周辺スポット検索を行うと、目的地周辺にある選択したジャンルのスポットが10件単位で表示されます。

 

 

ヤフーマップの便利な機能まとめ

普段知らない場所を詳しく調べたいときや、ルート検索を行いたい時などにスマートフォンやパソコンを利用してヤフーマップを活用している方は多いです。

 

外出先でも利用できるアプリタイプも人気が高く、基本的な機能であるルート検索や雨雲レーダーを利用している方が大半だとされます。

 

実はヤフーマップには他にも便利な機能が複数あり、画面上の地図だけでは立地がわかりにくいという方には、地図が立体的になる「3Dマップ機能」がおすすめです。

 

2本指で地図画面を下から上に同時スワイプすると簡単に3Dモードに切り替わります。

 

大きな商業ビルなどが3Dになるので、よりルート検索がわかりやすくなります。

 

他には「軌跡表示」は、追跡モードに設定して歩くだけで、今まで歩いてきた軌跡を水色の丸印で表示してくれます。

 

今どちらから歩いてきたかがすぐわかるのでとても便利です。

 

このページの先頭へ戻る