吉野家のメニューや割引定期券がお得!

 

 

安くて美味しい牛丼の吉野家。

 

店舗数も多く、来店しやすいのも人気の理由です。

 

ここでは、吉野家で食べれるオリジナルメニューや格安なメニューをお得に購入できる定期券など紹介します。

 

吉野家の店舗について

牛丼で有名な吉野家ですが、ご存知の通り日本だけでなく世界的に展開しています。

 

2018年には兵庫県に新店舗をオープンし、吉野家全店舗の数が2000店になったと発表されました。

 

店舗はフランチャイズチェーンも展開しています。海外では、アメリカ・中国・香港・台湾・マレーシアなどに出店しています。

 

日本の店舗の運営会社は株式会社吉野家が運営していますが、海外は別会社になります。アメリカの店舗を運営するヨシノヤアメリカ、台湾の店舗を運営する台湾吉野家など、それぞれの会社が運営を担っています。

 

牛丼だけでなくそばや天丼を提供する店や居酒屋を併設した「吉呑み」とした店舗もあります。

 

特徴ある店舗では、沖縄県ではハンバーガー店と同じようなセルフサービス方式をとっており、ヨシノヤアメリカの方式をそのまま踏襲しています。

 

吉野家のメニューについて

吉野家を代表するメニューと言えば牛丼であり、気軽かつ安価に牛丼を外食するという習慣を社会に根付かせた立役者ですが、次々と新たなるメニューが投入されており、中でも登場して間もない段階から人気を集めているのが豚丼です。

 

吉野家のメニューの中にはかねてより豚丼は存在していましたが、2018年の春から人気メニューの豚丼をリニューアルし、より一層柔らかくてしっとりとした豚肉を用いるようにしました。

 

その結果、独自のタレが豚肉に尚一層絡みやすくなったため、豚肉と独自のタレとの抜群のハーモニーが楽しめます。

 

また、牛肉を好む方には牛丼の他に牛カルビ丼の人気も高く、ゴマとネギの上に油のたれがかけられ食欲が掻き立てられます。

 

吉野家の定期券について

大手牛丼チェーン店の吉野家では他社のうどんチェーン店やファミリーレストランと提携し、3社間で自由に使用する事が可能な定期券の発券を行っています。

 

3社間の合同定期券は300円で提供されており、吉野家の場合は会計時にスタッフに提示すると80円引きになります。

 

一方、ファミリーレストランでは提示すると100円引きになり、うどんチェーン店においては天ぷらが1つ無料で提供して頂けます。

 

こうした他社と提携し割引制度が受けられる定期券を提供するのは過去に事例が無い事であり、実現した背景には昨今の外食産業の様相が影響しています。

 

お弁当やお惣菜といったいわゆる中食がシェアを拡大してきているからこそ、定期券の発券でお客様を取り戻そうとしています。

このページの先頭へ戻る