はま寿司の店舗やメニューなど気になることまとめ!

はま寿司は2002年に設立された回転寿司チェーンで、外食チェーンで知られるゼンショーグループに属します。本社は東京都の港区に置いていますが、店舗は全国展開で利用者数も知名度も抜群です。

 

設立された当初は、100円で食べられる回転寿司として人気を集め、2009年からは全店で平日一皿90円を始めて話題を集めます。

 

価格はそれ以降も維持されているので、はま寿司のコスト削減には、同業者からも注目されています。

 

僅か14年で全国に名を轟かせるようになったはま寿司は、今や回転寿司業界最大手で、多くの人達から愛されています。

 

寿司は鮮度が命ですから、価格の手頃さだけではここまで支持されませんが、はま寿司には価格に見合う品質があるので人気です。

 

[admanager id=6]

 

 

はま寿司の店舗について

第1号店を出店した栃木を足掛かりに、秋田県や愛知県、大阪府と香川県に出店を拡大します。

 

2011年に記念すべき100店舗目を達成していて、翌年の2012年には初めて北海道地方にも進出するに至ります。

 

 

 

2012年の末には200店舗、2014年には300店舗の達成で、2015年になると400店舗に到達していますから、はま寿司の急成長ぶりが理解できます。

 

2016年に開店した京都府の店舗によって、全都道府県での店舗展開の達成です。

 

はま寿司の店舗は、2017年6月の時点で472店舗に到達しています。

 

 

公式サイトで店舗検索

全国展開していますから、最寄りで見掛けられる場合もありますが、お近くにない場合は公式サイトで検索が行えます。

 

店舗検索ははま寿司のメインメニューにあって、該当の項目を選択すると検索ページに移動します。

 

店舗は駅名に加えて、住所や店舗名で探すことも可能となっています。

 

駅名の場合は、自動でお近くの店舗をリストアップしてくれますから、移動の際に立ち寄るのに役立ちます。

 

住所検索は、最寄りに駅がない場所だったり、住まいの近辺でお店を探したい時に便利でしょう。

 

 

 

お店の名前が分かっているなら、店舗名で絞り込むこともできます。

 

店舗名の一部でも絞り込めるので、記憶がうろ覚えになっていても大丈夫です。

 

候補がリストアップされた後は、住所に目を通して確認することで、お近くのはま寿司かどうかが分かります。

 

 

地図アプリで店舗検索

 

目印になる駅がなく、住所検索で見付からなかったり店舗名が分からない場合は、地図ではま寿司が探せます。

 

地図検索は拡大縮小が自由なので、見覚えのある目印を探して範囲を絞り込めます。

 

地図上には各店舗の場所がマークされていますから、希望するお店を見付け次第、最寄りの店舗情報が手に入ります。

 

[admanager id=3]

 

 

はま寿司のメニューの種類や価格帯について

 

はま寿司のメニューは握りに始まり、軍艦巻きやサイドメニューに、デザートやドリンク類まで充実しています。

 

詳細なメニューは地域によりますが、握りだとまぐろ系やサーモンにたらこ、はまちとえんがわやえび類など多種多様で、握りだけでも60品目以上の提供で、定番のネタは一通り揃っていますし、子供に人気の変わり種まであります。

 

一方の軍艦巻きは種類こそ少なめですが、ねぎとろにかにみそやいくらといった、厳選されたネタが選ばれています。

 

品質はどれもはま寿司譲りですし、価格帯は贅沢握りを除き、全品一皿あたり税抜100円均一で提供されます。

 

 

 

贅沢握りでも税抜150円ですから、普段とは異なる特別なネタもお得に味わえるでしょう。

 

サイドメニューは別料金ですが、みそ汁類は100円プラス消費税の価格帯で、特製とん汁やきつねうどん、鴨そばになると税抜200円台といったところです。

 

いずれも300円台の商品はありませんから、予算が限られていても楽しめたり、家族皆でお得に寿司を味わうことができます。

 

デザートは、チーズケーキやチョコレートケーキ類が税抜ですが200円で、アイスに至っては100円と消費税で楽しめます。

 

ソフトドリンクは100円台で、アルコール類は流石に300円を超えますが、それでも税抜で500円未満に治まっています。

 

 

はま寿司のアレンジ多彩なお持ち帰りメニュー!

お持ち帰りメニューは、一人分の手頃な商品から、家族ではま寿司気分が味わえる豪華セットまであります。

 

一人用は12貫セットが中心で、メニューの内容によって税抜720円から980円の範囲内で選べます。

 

ネタは勿論はま寿司品質ですから、お店と変わらない味が自宅などでも味わえます。

 

 

 

もう少し少なめが良いという場合は、税抜600円の人気10貫メニューが希望を叶えます。

 

選りすぐりの内容ですし、平日は50円引きになるのでもっと魅力的です。

 

より少ない量を好むなら、平日460円税抜で提供される人気8貫も狙い目となっています。

 

 

量的には少なめですが、質で十分に満足させてくれるので、バラでもセットでも人気なのが頷けます。

 

まぐろだけを堪能したいという人には、まぐろづくしを選ぶことができます。

 

平日税抜660円、それ以外でも税抜700円で味わえるセットなので、マグロのみ食べたくなったらはま寿司のまぐろづくしでしょう。

 

 

 

贅沢セットは更に、3人前の35貫や4人前の41貫、それに5人用の49貫が並びます。

 

少しお得な定番セットも、贅沢セットと同じく35貫から49貫までのラインナップです。

 

お持ち帰りは電話で予約が可能ですし、好きなネタを選んでセットにできる、詰合せも可能なので便利です。

 

[admanager id=4]

 

 

店舗検索や待ち時間を減らせる便利なはまナビについて

はま寿司を利用する機会が多い場合は、公式Webサービスのはまナビが利便性を高めてくれます。

 

はまナビは携帯電話利用者向けのサービスで、最新のお得情報であったり、最新メニューの情報もいち早く分かります。

 

 

 

店舗検索機能も使えますし、都道府県や地域名で絞り込んだり、特定範囲内のお店をリストアップすることもできます。

 

また、無料の会員登録を行うことで、Web予約が利用できるようになるのが更に魅力です。

 

メールアドレスを送信すると、会員登録手続きに進みますから、後は画面の指示通りに入力したり登録を完了するだけです。

 

 

待ち時間も減らせてお得なクーポンも!

会員になると整理券の発行が受けられるので、お店での待ち時間が大幅に短縮します。

 

時間指定で優先的な予約も行えますから、混み合う時間帯の利用も安心できるようになります。

 

 

 

しかも、店舗で発券された番号を入力すると、呼び出しが行われる前にメールで教えてもらえます。

 

割引クーポンの提供もありますし、旬のネタの入荷情報なども分かるので、はま寿司ユーザーならはまナビを活用しない手はないでしょう。

 

登録は簡単で利用は無料ですから、取り敢えず会員登録を済ませておくだけでも違います。

 

これだけ痒い所に手が届くのは、沢山のファンを獲得しているはま寿司ならではで、消費者を大切にする思いが利便性に結び付いています。

 

[admanager id=6]

このページの先頭へ戻る